学校のいまを知る

学科で絞り込む

2019.05.14

環境テクノロジー科

長野研修始まりました(環境テクノロジー科)

環境テクノロジー科は今日5月13日から長野研修。

長野県の飯綱高原にある小山学園の研修所「長野教育センター」で3泊4日の共同生活をします。

周辺には湖(大座法師池、鏡池)や湿原(大谷地湿原)、飯縄山、戸隠山など大自然があり、この高原で、1年生は植物観察と水質調査、2年生は鳥類調査と草本開花調査などを実施していきます。

夜はまだまだ寒い!

 環境テクノロジー科 1年生の記念撮影
環境テクノロジー科 1年生の記念撮影


  2年生の記念撮影
2年生の記念撮影


研修センター周辺の散策
研修センター周辺の散策


小山学園 長野研修センター の周辺



2019.04.01

環境テクノロジー科

第9回小笠原環境研修に参加した学生の感想

今回の「小笠原環境研修」は、環境テクノロジー科の学生だけなく、バイオテクノロジー科、ゲームプログラミング科の学生も参加しました。これまでにないぐらい充実した研修だったようです。参加した学生達の感想を一部ご紹介します。

~小笠原環境研修に参加して~

・今回の研修を通して、身近な地域にも起こっている移入種による生態系への影響を考えるようになりました。
・いろいろな自然保護活動を知って、自分がその活動に加わりたいと思うようになりました。
・外来種やゴミなど数多くの問題を抱えていることを学び、話を聞くだけでは理解し辛い内容を実際に自分の目で確認できたことが一番の収穫でした。今回の経験を通して、今まで以上に環境問題について取り組む気持ちが大きくなりました。

●森と山のフィールド実習
・オカヤドカリが登れるよう側溝に傾斜がつけられていて感動しました。生物との共生を大切にしていると感じました。
・私たちは戦争を経験していない世代なので、戦跡を訪れたことが大変貴重な経験になりました。当時のままに残されている戦跡は滅多にないと思います。博物館に収集して保管されている展示品も重要ですが、元々あった場所にそのまま残されていることで、その場所の雰囲気や実際に起こった出来事を想像しながら、自然と当時の人の気持ちに思いを馳せていました。風雨にさらされる環境なので徐々に劣化してしまいますが、実際に起こった戦争の痕跡を後世に伝えていく重要な場所だと思います。

●ビーチクリーニング(扇浦海岸)
・ビーチの掃除をする機会がないのでとても楽しかったです。ゴミ拾いをしながらプラスチックの問題について教わることができ、為になりました。時間がとても短いと感じ、やり足りないと感じました。
IMG_20190312_111628

●フィールド実習(小港海岸)
・小笠原の自然について学び、触れることができたので貴重な体験をさせていただいたことに感謝しています。

●南洋踊り体験
・南洋踊りを通して様々な歴史を持つ小笠原特有の文化を楽しく学ぶことができました。
P3120150nan

●ボートツアー(南島上陸、ホエールウォッチング)
・水族館では見られない生のザトウクジラが見ることができて感動しました。
・南島に上陸し、一度壊れかけたものを保護し、回復をさせるのは大変だと実感しました。
IMG_20190314_095352

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。