BLOG

学校のいまを知る

学科を選択

2017.07.05

インテリア科

ホテル・クラスカでベッドルームとサニタリールームの構成を学ぶ。

7月4日(火)1年生のサニタリー計画の授業では、入学してからの4回目の校外学習『 ホテル・クラスカ 』に訪問させて頂き、ベッドルームとサニタリールームの授業で学んだことの確認をさせて頂きました。

ホテル・クラスカは、60年代に建てられた「ビジネスホテル」が老朽化したのを受けて、新進気鋭のデザイナーたちによってリノベーションされ、2003年にオープンしたデザイナーズホテルです。当初のリノベーションでは、老朽化したホテルに「どう暮らすか」という問いに対する多様な答えを組み合わせることによって、これまでに無いカタチのホテルとして変わりました。そしてさらに今回のリニューアルでは「コンテンポラリー・ジャパニーズ」をコンセプトに新たな展開が試みられています。

エントランス

▲(左)クラスカのエントランス。(右)1階エントランスロビー。この階には、レストラン&バー“キオク”とドッグトリミングサロンが併設されています。

屋上

▲屋上からの景色は、周りにあまり大きな建物がないので、遠くに東京タワーなどを望むことができます。中央のデッキは、テーブルとしても使用することの出来るステージになっています。この屋上という絶好のロケーションを利用して、映画鑑賞などのイベントにも使用されています。

たたみ

▲Tatami Room 606

板の間

▲Contemporary Room 607 “itanoma”

スイートルーム

▲Modern Room 402

ベッド回り

▲ベッドサイズ、ベッド回りのアイテムや色使いに関しても確認を行います。

水回り

▲水回りの空間もどのようなアイテムで構成されているのか確認します。

ホテル・クラスカへ訪れる前に、ベッドルームの構成を机上で学習し、フランスベッドPRスタジオの校外学習にて、ベッドの製造過程からたくさんの完成品までを見させて頂いております。また、サニタリー計画の授業では、LIXILの東京ショールームの校外学習にて、従来の水回りのアイテムから最新のものまで見させて頂き、様々なものを実物をとおして学習させて頂いております。

今回で12回目となるホテル・クラスカでの校外学習でしたが、スタッフの皆様には、毎回丁寧なご対応、ご説明をして頂き大変感謝しております。本当に有難うございます。

 

1

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。