学校のいまを知る

学科で絞り込む

2019.05.23

環境テクノロジー科

海が終わってしまえば地球は終わりだ!~水の輪廻から海洋プラスチック汚染まで~ - 第1回Eco-Café 6月14日(金)

今年度の第1回「Eco-Café」を下記の通り開催いたします。

20190614_EC0614_Flyer_s

第1回のテーマは“海が終わってしまえば地球は終わりだ!  ~水の輪廻から海洋プラスチック汚染まで~”。水中写真を得意とされる冒険写真家の豊田直之氏をお招きし、地球環境について考えます。

是非ご参加ください。


テーマ:海が終わってしまえば地球は終わりだ! 

    ~水の輪廻から海洋プラスチック汚染まで~ 
スピーカー:豊田 直之氏 Naoyuki Toyoda
冒険写真家/水中写真家)


主催:専門学校東京テクニカルカレッジ 

共催:一般社団法人 環境教育振興会  

担当:専門学校東京テクニカルカレッジ(今野)


開  催  日 2019年6月14日(金)

受付開始 17:45

開始時間 18:00 終了時間 19:30

参  加  費 無料

開催場所 中野区東中野4-2-3 Tera-House (JR中央総武線 東中野駅前)

     東京テクニカルカレッジ 1F TeraCafe(カフェテリア)


0614_第1回Eco-Caféフライヤー


Naoyuki_Toyoda_s

豊田 直之氏プロフィール


水中撮影を必殺技とする冒険写真家。

1959年横浜生まれ。東京水産大学( 現・東京海洋大学) 水産学部卒。

船舶用電子機器メーカー退職後、漁師、ダイビングインストラクター、雑誌編集者兼ライターなどを経て写真家・中村征夫氏に師事。独立後、海の撮影プロダクション「有限会社ティエムオフィス」を設立。同代表。

日本各地の海のみならず、海外の海にも精力的に潜る一方、その海を作る一滴の雫を求めて山にも登り、沢や滝壺なども果敢に潜って「水の輪廻」をテーマに撮影を続ける。その一方、NPO法人海の森・山の森事務局を設立し、理事長として、里海、里川、里山の環境保全再生活動を展開する。特にマイクロプラスチックや海洋プラスチック汚染について詳しい。著書多数、講演やテレビやラジオの出演も多い。鎌倉ペンクラブ会員。

2019.05.15

環境テクノロジー科

大座法師池の水質調査(長野研修)

環境テクノロジーの長野研修2日目。


今日は天気も良く、1年生はボートに乗って大座法師池の水質調査をしてきました。


ボートに乗って大座法師池の水質調査

ボートに乗って大座法師池の水質調査


サンプリングした大座法師池の水を研修所に持ち帰って簡易水質測定を実施。

pHはpH試験紙で、COD(※)、硝酸・亜硝酸、アンモニウム、リン酸などはパックテスト(※)で測定します。


水質をチェック
水質をチェック


※ COD: 「化学的酸素要求量(かがくてきさんそようきゅうりょう、COD, Chemical Oxygen Demand)とは、水中の被酸化性物質を酸化するために必要とする酸素量で示したものである。代表的な水質の指標の一つであり、酸素消費量とも呼ばれる。」(Wikipedia より) 

※ パックテスト: 共立理化学研究所が開発した簡易的な水質分析器具。


保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。