学校のいまを知る

学科で絞り込む

2019.06.10

環境テクノロジー科

「生物分類・同定実習1」の授業(1年2期)

「生物分類・同定実習1」

自然環境調査では既知の分類群にあてはめる作業、つまり種を同定する作業が求められます。種を同定するためには対象の形態的特徴を適切に観察することが必要です。


今日(6/4)の授業では、水生動物(昆虫)のサンプルについて同定を行いました。実体顕微鏡で各部位の特徴を確認しながら、正確にスケッチし種を同定します。


IMG_4299~photo

実体顕微鏡を用いて特徴を観察しながら、検索表を用いて種を同定する作業を実施します。

水生昆虫_スケッチ

実体顕微鏡で観察し、学生がスケッチしたもの


※オープンキャンパス6/23(日)「水生昆虫を調べて環境調査!」です。また、夏休みは生物観察シリーズで次のような体験授業を実施します。

 7/21(日)「土壌中の生物を観察しよう!」

 7/28(日)「水中のプランクトンを見てみよう!」

 7/29(月)「水生昆虫を調べて環境調査!」

2019.06.07

環境テクノロジー科

「自然環境調査・管理実習1」のフィールド実習 (2年2期)

「自然環境調査・管理実習1」は、環境共生と自然環境保全のための調査技術・管理技術を学習する科目です。この日(6/5)は、都立光が丘公園バードサンクチュアリ内で、在来のイネ科の高茎草本を中心とした草地を維持する管理技術の実習を行いました。


IMG_9028

都立光が丘公園内にあるバードサンクチュアリ


IMG_9030

これから植生調査を行います


IMG_9037

調査中!


IMG_9013

ハイポーズ!!

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。