BLOG

学校のいまを知る

学科を選択

2019.08.29

インテリア科

企業連携授業「デザイナーズホテル・クラスカでベッドルームとサニタリールームの構成を学ぶ」[1年生対象]

   ホテル・クラスカは、東京 目黒通りでかつて60年代に建てられ、人々に親しまれた「ビジネスホテル」が老朽化したのを受けて、新進気鋭のデザイナーたちによってリノベーションされ、2003年にリニューアルオープンしたデザイナーズホテルです。現在は、日本を代表する建築家・アーティストたちが手掛けた20の客室とダイニング&カフェ・レンタルスタジオ・ギャラリー&ショップからなる複合施設が備えられています。

   今回の校外学習では、ベッドルームとサニタリールームの授業で学んだことを、実際のホテルの客室をとおして確認でき、さらに理解を深めることができました。そして、ホテル・クラスカへ訪れる前の校外学習として“LIXILの東京ショールーム”での水回りの最新のアイテムなどたくさんのモデル(実物)をとおして学習していたので、今回のホテルの見学では、それらがどのように空間として構成されているのかなど、更なる学びへとステップアップできました。 

CLASKA02CLASKA03CLASKA04


2019.08.23

インテリア科

企業連携授業「マナトレーディング株式会社にて、インテリアファブリックスの最新トレンドを学ぶ」

今回、「上質」と「洗練」をテーマに、ファブリックの大手商社であるマナトレーディング株式会社東京ショールームにて、ファブリックスに関しての校外学習を行いました。[2年生対象]

マナトレーディング株式会社では、ヨーロッパから数多くの輸入壁紙やクロス・カーテンなどのインテリアファブリックスを取り扱っていることで有名です。今回の校外学習では、輸入ファブリックスに関しブランドとその特長、そして最新のトレンドまで、実物を自分の手に取りながら具体的に学ぶことができました。

将来、学生たちが社会に出てインテリアの仕事をする際に、ハイクラスなインテリアファブリックスについて学習が行えたことで、またひとつ引き出しが増えました!!

マナトレーディング01マナトレーディング02.JPGマナトレーディング03.JPGマナトレーディング04.JPG       


2019.08.05

インテリア科

企業連携授業「株式会社サンゲツにて、最新のウィンドートリートメントを学ぶ」

当科では、「実物をとおしてインテリアを学ぶ」というコンセプトのもと、2年間で26回の校外学習を実施しています。今回の校外授業は、2年生の株式会社サンゲツ東京ショールームを訪問です。実際に商品を手に取りながら、カーテンやシェードなどのウィンドートリートメント、今年のトレンドの色を取り入れた生地の紹介やドビー織りとジャガード織りの違い、プリーツによる見え方の違いなど、「基本事項」について実際の商品を手に取りながら学ばせて頂きました。

サンゲツの社員の方からは、ウィンドートリートメントの基本事項やサンプル帳の見方などを講義して頂き、その後ショールーム内にて、自分たちの住宅設計プランに採用するサンプル選びをさせて貰うなど校外学習でしかできない学びを体験。貴重な授業時間中、学生たちの眼の輝きは続いていました☆ 


サンゲツ01.JPGサンゲツ02.JPGサンゲツ03.JPGサンゲツ04.JPG


保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。