建築・インテリアの仕事から学科を探す

  • 施工管理技術者
    建築工事の責任者として建物の品質やコストの管理を行うとともに、工事を最後まで安全に予定通り進めるため、現場で働く沢山の職人さんを束ねる技術者です。
  • コンストラクションマネジャー
    建物の建設目的に沿って投資(資金)・流通・運営を念頭におき関係者の意見をまとめ、建築の企画から、設計、コスト計画、施工(工事)までの一連の流れを作る仕事です。
  • 構造デザイナー
    建物の建つ地盤の強さや建物の規模・形状などを総合的に判断し、骨組み全体の形を決定する「構造計画」と、その計画に基づき安全性を確認する「構造計算」が主な仕事です。
  • 生産設計
    建築の図面には形を提案する「設計図」と、その実際の作り方(生産方法)を示した「施工図」の2種類があります。生産設計とは施工図を書く仕事で、建物の品質を左右する大変重要な仕事です。
  • 現場監督
    建築現場は単独で「一つの会社」であり、多い時には数百人の人が働く職場です。その会社の頂点に立つ、いわば「社長」として現場の総指揮にあたる仕事です。
  • 建築士
    住宅からビルまで建物を建てるときにお客様の希望に沿いながら設計を行い、図面通りに建てるために構造、設備、施工者(大工さんや電気屋さんなど)との連絡や工事監理を行います。
  • 住宅デザイン
    憧れのマイホーム、でも実際には法規や構造など多くの条件クリアしてはじめて建物を建てることが出来ます。専門知識をもってお客様にアドバイス!希望沿った住宅をデザイン、提案します。
  • 住宅リフォーム
    古くなった建物だけではなく、暮らし方や家族構成など様々な条件に合わせて快適な住まいを提案します。構造や設備の知識をしっかりと持っていると提案の幅も広がりより快適な住宅!
  • 生産設計(CAD)
    ただのCADオペレーターではなく、専門知識を活かして工事現場で使用する施工図(工事用の詳細な図面)をCADを使い作図します。近年はBIMによる3次元モデリングも増えています。
  • 大工
    昔のように大工さん一人で住宅を建てることは殆どなくなりました。技術力だけではなく、知識をしっかりと持ち他の施工者(基礎屋、電気屋、他多数)と一緒に完成を目指します。

これらの仕事を目指せる学科は…

建築科
  • 建築意匠設計
    建築の設計業務は、意匠・構造・設備と大きく3つの分野に分かれて行われます。意匠設計は設計業務すべての取りまとめ役であり、いわゆる「建築家」は意匠設計を担当しています。
  • 構造設計
    構造設計は建物の骨組みの設計を担当します。昨今は、かっこよく美しい建築を設計する構造設計家は「構造デザイナー」と呼ばれ、設計分野でも特に人気の職業となっています。
  • 設備設計
    設備設計は私たちの生活に必須の電気、ガス、空調、換気、情報などの設備に関する設計を担当します。戸建住宅から公共建築まで、様々な建築物の設計に関われる職業です。
  • インテリアデザイン
    家具や照明器具などのインテリアエレメントと住宅から商業施設、公共建築物のインテリアまで、様々な素材を使いながら幅広く建築内部のデザインに関われる職業です。
  • 建築施工管理(現場監督)
    設計図通りに建築物を作り上げるために設計者と専門の職人さん達の間に立って、工事の進捗状況を管理する職業です。企業からの求人数が最も多いく重要な業種でもあります。
  • インテリアコーディネーター
    住宅、飲食店、オフィスなど建物の室内を機能的にキレイに整える仕事です。照明・壁紙・じゅうたん・カーテンなど、デザインをトータル的にコーディネートします。
  • インテリアデザイナー
    建物内部の照明や家具の配置や構成・デザインや建物外部の装飾や空間構成のデザインをおこないます。建築士の意匠設計の一部のインテリアデザインを担当する仕事です。
  • 店舗デザイナー
    カフェやレストランなどの店舗を専門にデザインします。物販系、飲食系、オフィス系などそれぞれの専門知識やトレンドを必要とする仕事です。
  • 家具デザイナー
    家具制作メーカやインテリア事務所などで、住宅やオフィス用のテーブル・椅子・収納棚・ソファ・タンスなどの家具をデザインします。また、製作までおこなう場合もあります。
  • インテリアショップスタッフ
    家具・照明・壁紙・カーテンなど室内のインテリアを扱う店舗のスタッフです。色や色彩統一などセンスが問われる仕事です。また、商品の専門知識も必要とされます。

卒業生の声

  • 2015年03月卒業

    神奈川県立厚木北高等学校出身

    スタジアムをつくってみたい…
    そんな思いもきっかけに

     親が工務店を経営していて、現場にも何度か連れて行ってもらったこともあり、その影響で建築に携われる仕事をやってみたいという想いが徐々に育まれていきました。それとサッカーが好きだったので、試合の観戦でスタジアムに行くうちに、人が多く集まる施設をつくってみたいという想いも芽生えたんです。

     一級建築士という資格を取ることが、ひとつの目標で、それに「一番近い学校はここだ!」と思ったのが入学の決め手でした。授業もそうですが、現場実習など実学の機会をたくさん得られたのは大きかったです。また、先生方との距離が近く、色々な相談にも乗っていただき、本当に恵まれた環境だったと思います。


    建物が完成したときの達成感はたまらないほど大きい

     入社して4 年目ですが、施主さんと設計さんが密に相談してつくった設計図をいただき、その意図を組み取りながら、建てていくという仕事をしています。工事の現場では安全管理や工程管理などをして報告書を作成するなど、現場管理の仕事をしています。

     学校でゼネコンについて詳しく学べていたので、スムーズに仕事を始められました。監督の仕事は大変ですが、建物が完成したときは、この仕事を選んでよかったと心から思える瞬間です。

     建築の現場というと3Kのイメージがまだあると思いますが、最近では働き方の改善も進んでいます。これから進路を考える方たちも、大きな志を持って安心して監督の仕事を目指してほしいと思います。


  • 2012年03月卒業

    国立徳島大学出身

    ある建築士との出会いが大きなきっかけに

     仕事は国内外のプラント(工場)の構造設計を手がけています。周辺環境やその地域の特性などを考慮して、それに適合する建物を設計するのが構造設計なのですが、プラントの配管は重いので、それに耐えうる建物の構造設計をすることが主な仕事です。

     なぜ建築士を志したのかというと、私が中学生のときに自宅を建て替えたのですが、そのときの建築士さんがとてもかっこ良かったんです(笑) 。その後、私は大学に進学してから土木を学んでいたのですが、その建築士さんのことが忘れられず、やはり憧れの建築士になりたいと思いました。

     私は生まれも育ちも神戸なのですが、建築士を目指すさいに、やはり東京の方が建築の仕事の需要が多いのではと考えました。そこで、ネットで色々調べて、カリキュラムや施設、環境などが充実している東京テクニカルカレッジに入学を決めたんです。それと建築士の資格を取るには、この学校が近道だと感じたのも理由のひとつです。


    基礎の基礎から教えてくれる充実感の高さ

     これまでいくつかのプラント設計を担当しましたが、グローバルに仕事を任せていただけるのも魅力のひとつです。プラントなので、完成するとオフィシャルな地図にも載るんです。ロシアやインドネシアの地図にも私が設計したプラントが載っていると思うと、スケールの大きさを感じてうれしくなります。

     建築士の仕事はさまざまですが、東京テクニカルカレッジではその全貌を基礎の基礎からしっかりと学ぶことができます。その過程で、自分のやりたい分野も的確に見えてくると思いますので、皆さんもぜひ建築士を目指してください。


  • 2018年03月卒業

    英国Royal Wootton Bassett Academy出身

    2年間で20社以上の校外学習が
    できることは大きな魅力です

     インテリアに興味を持つようになった一番のきっかけは、海外移住でイギリスの文化に触れたことです。多国籍の文化に触れてから、考え方や感覚が変わり、家族との住まいがあることの素晴らしさを感じることができました。

     東京テクニカルカレッジを選んだ決め手はインターネットで自分の進みたい学科を見て、校外学習や勉強内容に惹かれたからです。実際に通ってみて、学びと楽しみにメリハリがあること、2年間で20社以上の校外学習ができること、留学生ともコミュニケーションが取れ、友だちの輪が広がることなどに魅力を感じました。校外学習のあとには、クラスメイトとご飯にいくことが恒例行事になっていました。

     入学当初はC A D やIllustratorなどの使い方で苦労しましたが、2年間を通じてスキルが上がったと感じています。このスキルは現在の仕事にとても役立っています。


    学校で学んだ知識が
    営業の仕事の自信になっています

     インテリア科では主に住宅について勉強していたので、ハウスメーカーを中心に就職活動をしました。アキュラホームに決めたきっかけは、会社の方針や代表の熱い想いに共感したからです。

     いまは営業職で主に住宅展示場で接客を行っています。幅広い知識が必要とされる職務ですが、学校で学んだほとんどのことが役立っていると日々実感しています。お客様から直接「ありがとう」と言われることが多く、やりがいも感じます。

     今後の目標は1年以内に初契約をいただくこと、そして、営業経験を積んでインテリアコーディネーターになることです。


保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。