ゲーム・情報・Web・動画の仕事から学科を探す

  • システムエンジニア
    SEと言われ、お客様の要求を分析し、その要求が叶うようにコンピュータシステムの提案、設計、テストを行う人です。
  • プログラマ
    SEが作ったシステムの仕様書をもとに実際に動くプログラムを作る仕事です。
  • ネットワークエンジニア
    コンピューターシステムにおけるネットワーク全般・サーバーの構築や、システムが安全に動き続けるように管理を行う仕事です。
  • ヘルプデスク
    社内外のコンピュータシステムのトラブルや使用方法などの色々な問い合わせに対応する業務です。
  • 保守
    故障の対応やシステムがダウンしないように守る作業など、トラブルに対応する仕事です。
  • コンシューマゲームプログラマ
    家庭用ゲームを開発するためのプログラムを行う仕事です。
  • スマホゲーム・アプリプログラマ
    スマートフォンで動くゲームやアプリケーションの開発を行う仕事です。
  • ゲームプランナー
    ゲームの企画を立案をする仕事です。
  • ITプログラマ
    世の中にあるいろいろなシステムを組むために必要なプログラミングを行う業務に携わる。
  • 組み込みプログラマ
    デジカメやエアコンなどの家電などの中に入っているプログラムを作成する仕事です。
  • Webデザイナー
    Webサイトのビジュアルをデザインする仕事。デザインの力で、Webサイトに訪れた人をどのようにひきつけるかを考えます。
  • フロントエンドエンジニア
    Webサイトがインターネット上で表示され、人の操作によって動くプログラムをつくる仕事です。
  • 動画クリエイター
    Webサイトで見る動画の企画・撮影・編集を行う仕事です。多くの人に見られ多くの共感を得る動画づくりが求められます。
  • Webディレクター
    お客様の要望をうかがい、サイトの企画・設計を行う仕事です。プロジェクトではスタッフをまとめ役としてチームを牽引します。
  • グラフィックデザイナー
    ポスター、パンフレット、雑誌広告などの印刷物をデザインする仕事です。パッケージやロゴなどその領域は多岐にわたります。

卒業生の声

  • 2018年03月卒業

    東京都立六本木高等学校出身

    みんなで
    教え合える環境が

    高校時代、情報系の授業でWebサイトをつくったときに、画面上での「ものづくり」が純粋に楽しく、情報処理という分野に興味を持ちました。東京テクニカルカレッジ情報処理科の魅力は、ITについてまったくわからないところから、わかるまで先生や先輩が教えてくれるところ。クラスメイトや先輩方とも打ち解けやすく、学んだ技術を教え合える環境も魅力です。

    苦手だったのはプログラムのロジックを考える上で必須といえるアルゴリズムの課題でした。自分ひとりでは諦めていたかもしれませんが、先生やクラスメイトの協力のおかげで勉強を続けることができました。

    いまの就職先を選んだ決め手は、上流工程から下流工程まで経験できることから、自分の成長につながり、長く勤めることができると感じたから。現在の主な業務は、ソフトウェア改修後のテスト作業。ソースコードからプログラムの動きと役割を考えるときなどに学校で学んだ知識が活かされていると感じます。

    IT業界は変化が早い
    学生時代にチャレンジを!

    IT業界は変化の早い業界です。いまの業務で使われている技術がわかるからといって油断しているとあっという間に置いていかれてしまうため、日々の勉強も欠かせません。

    高校生の皆さんに伝えたいのは、学生のうちにいろいろなことにチャレンジしてほしいということ。学生のほうがチャレンジするハードルが低いですし、チャンスも多い。社会人になって後悔しないように、ぜひ全力で向き合ってみてください。


  • 2014年03月卒業

    東京都立駒場高等学校出身

    「楽しいゲームをつくりたい!」が現実に

     入社して6年目ですが、プログラマとして「機動戦士ガンダム」関連のゲームをいくつか手がけさせていただきました。子どものころからゲームが好きで、弟や友人たちと一緒に対戦ゲームを楽しむなど、ゲームに対するいい思い出が多くて、それがこの仕事を志した理由のひとつです。

     想いがかなった今、この仕事のやりがい、生きがい、楽しみはモノができていくプロセスを見ることです。自分でつくって、動かして、実際に製品になって店頭に並ぶ、そのときは思わず写真を撮りたくなるぐらいうれしかったです。


    ゼロベースから生み出すのが大きな醍醐味

     東京テクニカルカレッジに入学した理由は、体験入学で実際に授業を体験して、先生と一対一でお話をさせていただき、自分がゲームのプロとしてやっていく道筋が見えてきたからです。

     学校での授業は、ゼロからゲームをつくることを学びました。一番最初につくったゲームは、画像の素材も無く、線を自分でプログラム的に引いたり、それを四角にしたりとか、そういうものを組み合わせてゲームをつくりました。それは実際の仕事でもそうで、今からつくろうとしているゲームの素材があるわけではなく、常にゼロベースから始まるので、学校でのその体験が今に活きています。

     ゲームプログラミング科では、入学すると基本的に先輩が一人ついてくれて、学びのことはもちろん、色々なことが気軽に聞けるので安心です。実は私も学校に入るまではプログラミングのことはまったく知らなかったので、「楽しいゲームをつくりたい!」という意気込みのある人なら、思いきって飛び込んでみてください。


  • 2015年03月卒業

    私立昭和第一高等学校出身

    Webクリエイターという
    仕事を学校で初めて知る

    Webクリエイターには、ディレクターやデザイナー、動画クリエイターなどいろんな職種がありますが、ぼくはWebサイトをコーディングする「フロントエンドエンジニア」の仕事をしています。入社して4年目ですが、年間で10プロジェクトぐらいを手がけさせていただいています。

    この仕事を選んだのは、学校見学に行った際に初めてWebクリエイターの仕事を知ったのがきっかけ。それまではまったく知りませんでしたが、デザインもできてWebサイト制作にも関われる仕事の内容に直感で「いいな!」と思いました。

    プログラムやサーバサイドのシステム構築も担当するのですが、それがうまく作動したときの喜びはひとしおで、とても達成感があります。でもネット上で自分の手がけた仕事を見かけたときは、うれしさよりもちゃんと作動しているかな?と、心配でそれを先に確認してしまいます。職業病なんですかね(笑)。


    右肩上がりの業界で
    活躍する喜びを胸に秘めて

    Web業界は成長が著しくて、中でも動画広告市場は右肩上がりです。その中で、Webクリエイターの仕事を続けられることは、将来的にもとても希望がふくらみますし、可能性も大きくてやりがいもあります。

    学校ではゼロベースから学ぼうとしている仲間ばかりだったので、同じ波長で楽しく過ごせました。先生もこの業界の大先輩の方ばかりなので、基礎から貴重なことをたくさん学ばせていただけました。これからWebクリエイターを目指す方たちも、ぜひ同じ体験をして、社会でどんどん活躍してほしいと思います。


保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。